外科

切創をはじめとした外傷の治療(消毒・縫合)やハチ刺され、じんま疹などに対応しております。

外科 診療案内

切創

ガラスや刃物など鋭い器物による傷などの場合は、自分で治療せずにすぐに来院してください。

見た目には分からなくても、細かい破片などの異物が入ってしまっている可能性があります。

そうなってしまうと、皮膚を縫い合わせても塞がらなかったり、完治が難しくなります。

当院では、異物の除去・洗浄・消毒により病原微生物の数を減らして、皮膚を縫い合わせ、外部から新たに病原微生物が侵入するのを防止するとともに止血をいたします。

ハチ刺され

ハチに刺された場合は冷水で患部を冷やして、すぐにご来院ください。

大事に至ることは稀ですが、必ず診察を受けるようにしましょう。

もしもハチに刺されたら・・・?

毒液は水に溶けやすい性質を持っているので、

まず傷口を水でよく洗い流して、早めの受診をオススメします。

ハチの毒は猛毒?

ハチに刺されると毒で死んでしまう、という認識を持っている方もいるかと思いますが、

毒のせいで死に至るのではなく、ハチの毒に反応してしまうアレルギーを持った人が、

ショック症状を起こし、最悪死に至るケースがあるのです。(アナフィラキシーショック)

血圧低下や呼吸困難といったショック症状は短時間で起こってしまいます。

少しでもおかしいと思ったら、すぐに対処が必要です。

肝機能障害・膵炎

肝機能障害・膵炎の治療を行うことも可能です。

お気軽にご相談ください。