乳腺科

乳腺科は、女性医師で安心です。

近年増加している、乳がんをはじめとした乳腺疾患の診療を、女医である副院長が行います。

女性医師ならではの視点から、患者様のお悩みにお応えいたします。

最新機器による入念な検査 超音波の「エラストグラフィ」

【エラストグラフィ】

超音波検査の一種で、しこりの硬さを画像化して診断するものです。

力を加えた際に、柔らかければ変形を生じますが、硬い場合はほとんど変形しません。

変形の度合いを色で表したものがエラストグラフィで、

硬い部分が青く表示されるようになっています。

乳がんの研究では、「がんは硬い」と考えられているため、

しこりの硬さを知ることは重要な情報の1つです。

機械を胸にあて、軽く上下させるだけなので苦痛がない検査方法として、

当院で推奨しております。

乳腺科 診療案内

乳がん

乳房組織に発生するがんです。

現代の女性のライフスタイルが大きく影響していることから、予防は難しいのが現状です。

早期発見が重要になりますので、定期的な診断を受けましょう。

初期の症状として胸に「しこり」ができることが多いため、ご自身で気付かれる方も多いです。

乳腺症

ホルモンの過剰で乳腺が変化することで、小さなしこり、痛みや腫れなどが見られます。

乳頭から分泌物が出ることがあります。

乳腺炎

乳管内に乳汁が溜まり、細菌感染により炎症が起きてしまう病気です。

症状として乳房の赤みや腫れ、痛みなどがあり、出産後の授乳中の方によく見られます。